第3章《知られざるウラの世界》

まいど、らす太くんです。
第3章では、4拍子の中に潜んでいる、
ウラの世界を追求していきましょう。

ところで皆さん、音符の種類って知ってますか?
図−1(音符表)と、図−2(休符表)を見て下さい。

図−1(音符表)


図−2(休符表)


中学校の音楽の時間にやりましたよねぇ。
全音符が1小節分の長さで、その半分が2分音符。
その半分が4分音符、そのまた半分が8分音符・・・
同じように、休符(音を出さないタイミング)も枝分かれしていく・・・

ややこしいのですが、符の長さが短くなるにつれ、
名前の数字は大きくなっていきます。これは、
「全音符(1小節)を"1"としたときに何分の1の長さ」となる為です。
いいですか?ここはしっかりと押さえといてくださいね。

まず、4拍子の定義をします。
4分音符を1拍とし、4つ繰り返して4拍子とします。
これを4分の4拍子といいます。
[EX-1]を聞いてください。

[EX-1]


1、2、3、4〜で、リズムが成り立っています。
そこで、この4分音符をイーブン(均等)に割って、8分音符にします。
[EX-2]を聞いてください。

[EX-2]


4分音符だけのときより、躍動感がありますよね。
これが8BEATです。
4分音符を2つに分けることによって、
1拍の単位で『強起=アタマ』と『弱起=ウラ』が発生します。
とうとう、ウラの世界にやって来ましたよ!!

次は、8分音符を2つに割ります。
そうです、16分音符にしましょう。
さらに、8分音符に『強起=アタマ』と『弱起=ウラ』が発生します。
[EX-3]を聞いてください。

[EX-3]


これが16BEATです。
躍動感の中に、緊張感が出てきましたねぇ。

んじゃ、"32BEAT"ってぇのは・・・・?
これを演奏したら、ものスゴ〜く疲れると思いますので、
メッタな事じゃやりません。
おそらく、決してやるもんじゃないでしょう。

しかし、もうひとつ重要なウラの世界があります。
[EX-4]を聞いてください。

[EX-4]


なんか、とっても軽快な感じですね。
ルーズで、のんびりした感じもします。
これがシャッフルです。
シャッフルは、ちょいとタイヘンなんですが、
1拍(4分音符)を3つに割ります。
すると、3連符になります。
1を3で割り切ってしまうのが、音楽のスゴイとこです。
そして、3つに割った符を2:1で分けます。
図−3を見て下さい。

図−3(シャッフル)


イーブン(均等)ではないのですよ!!
"タンタ、タンタ、タンタ、タンタ・・・"というように
ウラのタイミングをタメる(遅らせる)ので、
ハネた感じのリズムになります。
故に、シャッフルする事を俗に『ハネる』と言います。
ちょっと、カッコよく言うと、そのまま英語に直訳して
『BOUNCE BEAT(バウンス・ビート)』と言ったりもします。

以上の4つの例は全て同じテンポ(拍子をとる速さ)です。
どうです?ウラの世界の付け方によって、
躍動感だったり、のんびり感だったり
こんなに、リズムのバリエーションができるのです。

また、同じリズムとり方でも、
テンポを速くして激しい感じを出したり、
逆にテンポを遅くして、ゆったりした感じを出したり、
曲調によっていろいろと、変化します。

っと、まぁ、第2章から第3章までは、
リズムに関する、かなり基本的な内容だったので、
知ってる人は「ふん!そんなん知っとるわい!!」
ってな感じだったのでしょうが、
「リズムなんてじぇんじぇんワカリマヘン」
という人達の為にくどくどと解説いたしました。
知らなかった人、解りました?

知ってる人も知らなかった人も、ここからが本番です。
リズムの基本をバッチリ踏まえた上で、
第4章では、いよいよ『REGGAE』の世界に行ってみましょ!!
ではまた。




「第4章に行く」

「Rasta's Roomに戻る」



Copyright(C) 1999 BuBuBu Music Studio All Rights Reserved.